一緒に暮らそう!

「ルームシェア」・・・皆さんも一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。最近流行りの「ルームシェア」や「シェアハウス」ですが、みんなでワイワイ楽しそうに感じます。でもその反面、他人と住むことについて、疑問や不安も感じる部分もあるのが本音かもしれません。今回はルームシェアの魅力やポイントなども含め、シェアしながら暮らすことを理解した上で、快適に暮らせる方法をご紹介します。

「ルームシェア」とは?

まずは「ルームシェア」とはどんな意味でしょうか?実用日本語表現辞典では、実際は「ルームシェアリング」となっており、他人同士がひとつの住居に居住し賃料を折半することです。「ルームシェア」とも表現されるとなっています。以前だったら、兄弟や親戚などと生活を共にという経験の方は、いらっしゃると思います。現在はその一緒に暮らす相手が、友達(知人)同士や知らない人同士など、新しい生活パターンへ変化している部分もあるようです。

「ルームシェア」と「シェアハウス」の違い

ひとつの住居に一緒に住むことは同じようでも、「ルームシェア」と「シェアハウス」では違いがあります。つくば市の物件を見ながら、ふたつを比較してみましょう。

<「部屋(=ルーム)」をシェアするルームシェア>

基本的には、物件(部屋)を借りている人が代表者となり、1つの部屋を複数の人間で共有する生活体系になります。借主も代表者となるので、様々な責任は代表者が背負うことになります。またルームメイトそれぞれが管理会社と契約を結ぶ場合もありますので、入居の際不動産会社へ確認を取ることが大切です。ですので使い方のルールや家賃や光熱費の取り決めなど、事前にきちんとルール付けすることが重要です。ちなみに、同棲や兄弟での入居もルームシェアにあたります。

<「家(=ハウス)」をシェアするシェアハウス>

基本的にシェアハウスは、建物全体を運営事業者が管理する場合が多いです。ですのでルールなども含めて入居者はそれぞれ平等な立場となっています。特に違う点はやはり、賃貸契約は、居室の借主個人がそれぞれ行うという部分でしょうか。本当の他人同士が1つの物件内の居室を個別に借り受けて生活するパターンになります。また、シェアハウスは「女性限定」や「学生限定」など、コンセプトやルールが定められていることが多いのが特徴となっています。週1回専門業者の室内清掃などがついている場合もあります。共有部だけでもこういうサービスがあると、本当に助かります。

アジア住販でもつくば市を中心にシェアハウス・ルームシェアの物件をご案内しています。気になる点や不明点などは、住まいのエキスパートに一度相談してみるのもひとつの方法です。自分自身では見落としがちな部分も見えてくるかもしれません。

一緒に暮らすことのメリット

知人や他人と一緒に住むということは、やはり家族で生活するとは違った場面にも遭遇します。貴重な体験や時間になるかもしれません。メリット・デメリットから普通の一人暮らしとはここが違う!部分を考えてみたいと思います。

メリット

  • 一人暮らしより家賃がおさえられる
  • 広い部屋や広めなキッチンなど、自由に使える物件が選べる
  • 一人暮らしでは選べないような立地条件の物件も選べる可能性がある
  • 光熱費やインターネットなど固定料金がおさえられる
  • 帰ったら誰かがいるため、安心感が感じられる
  • 複数人が住んでいるため、防犯面の安心度が増える
  • 話し相手がいることにより、寂しさを半減できる
  • 協力することのより、家事分担などの負担も軽くなる
  • 食事を楽しく分かち合える相手がいる
  • 一人分を調理するより、食材の無駄を減らせる

デメリット

  • シェアメイトが家賃等を払わないなど、金銭面でのリスクが考えられる
  • 掃除や片付けの仕方が違うので、ストレスを感じる
  • 消耗品など費用の分担で食い違いがでる場合がある
  • 友人を招きづらい場合がある
  • シェアメイトの防犯意識により、防犯面がおろそかになる
  • 一人になりたい場合でも、完全な孤独状態になれない
  • 共有部分を使いたい時に使えないことがある
  • シェアメイトが退去してしまうリスク(家賃の負担など)
  • シェアメイトからの盗難などのリスク
  • 相手に対して依存したり、されたりする場合がある

一緒に住むことで一番困ることは?

メリットやデメリットなどを見ても、他人と一緒に住むことは大変です。良い部分もあれば、やはり悪い部分も目立ちます。その中で一番困ることと言えば、「シェア関係の解消」があることです。一緒に暮らしてみて、気の合う仲間であったとしても、転勤やパートナーとの出会いなど生活環境の変化でどうしても解消せざるを得ない場合もあります。ルームシェアを本気でお考えの方は、「ルームシェアは半永久的ではなく、いつかは解消するもの」という部分はしっかりと認識しておくことが大切です。住み始めの時に、退去する場合のルールも決めておくのもひとつの方法です。

ルームシェアの物件探しのポイント

一緒に住むことにより、月々の家賃や固定料金の部分では、一人暮らしよりおさえられる場合が多いです。そのおさえられる部分を有効活用し、ライフスタイルを想像してみましょう。一緒に住むけどプライベートは充実させたい、せっかく他人と住むなら楽しく過ごしたいなど、暮らし方はいろいろ選べます。実際ルームシェアを考えた場合、どんな部屋に住みたいのか・すめるのか、考えてみましょう。

楽しくワイワイ!一緒の時間を共有

広めのリビングと各個室を確保し、共有できる2LDKタイプなどを選択し、広めのリビングを配置します。二人でいても窮屈にならない、ゆっくりと過ごしやすくいられる空間を共有します。個室で一人でいるよりも、人と一緒にいる方が好きな方にはおすすめです。個室での騒音も収納の位置などによっては、パートナーの音もおさえることも可能です。

自分の空間はハッキリさせたい!

プライベートを重視の方でも使い方によっては様々なパターンを考えられます。一人暮らしでは不可能な少し広めな空間を確保するのもひとつの方法です。そして趣味などに空間を利用するために、同居する人数よりひと部屋多い間取りを借り、パートナーと共有利用も可能です。パートナーとの協力で一人暮らし以上の空間利用が可能です。

ルームシェアのトラブルを防ぐ

一人暮らしではなく一緒に住むことを選択したならば、やっぱり楽しく、そして「快適に過ごしたいのが本音です。住む場所や空間はもちろん大切ですが、その前にどんな人と住むのか・・・パートナー選びは最も大切です。ルームシェアをするなら、どんな人が向いているのでしょうか。

こんな人はシェアに向いている

  1. 他人と決めたルールをきちんと守れること
  2. パートナーと協調性を保つことができること
  3. プライベートの時間や空間が少なくても、平気な人
  4. 相手の立場に立った考えができる人
  5. 報告・連絡・相談がきちんとできる人
  6. 物事にあまり細かすぎないこと
  7. 自宅にあまり他人を呼ばない人

シェアして一緒に住むことで費用はおさえられる場合もあるかもしれませんが、生活は毎日です。自分の心に無理をして住むことは、かえって窮屈や負担になってしまう場合もあります。自分にはどんな住居がベストなのか、振り返えりながらじっくりと選びましょう。

シェアが考えられる相手とは?

  • 兄弟姉妹

こちらが一番良好なシェアのパートナーになるのかもしれません。適度な距離感もしっていて、そして気心も分かっているという感じでしょうか。目新しさはないですが、安定No.1のパートナーですね。

  • 同じ趣味や境遇の人

同じ学校の学生などは学生期間限定と決めてシェアするのも多いようです。同じ目的に向かって協力するなど、方向性が定まっているのも切磋琢磨できそうです。

  • パートナーのいる人

将来結婚を考えているパートナーがいる方などは、一緒に住むことで節約もでき、同じ目標に向かって貯金するなどもひとつの方法です。

ルームシェアのトラブルを防ぐ

一緒に住むことで一番トラブルに発展しやすいものは、やはりお金に対するトラブルです。トラブルを防止するために、相手選びも慎重にすることももちろんですが、きちっとルールを作成しましょう。そしてルールに伴わない事柄が発生した時には、しっかりと話し合うことが大切です。なあなあで済ませることはやめましょう。

  • 支払いに関する取り決めをきっちり文書にする
  • 生活に関するルールを決めておく
  • お互いの持ち物(家具・家電の所有者や日用品など)をはっきりさせる
  • 自身のお金や通帳などの管理や保管場所に気をつける
  • 退去後のルールを決める

など、自分たちの生活にあった取り決めをきちんと作成しましょう。せあを始める時や、うまく行っている時は、「こんなに細かく必要がない」ように思えるかもしれませんが、取り決めは「いざという時こそ運用できるように作る」ことが重要です。たったひとつのきっかけから、楽しくなるはずの経験が最悪の思い出に変化する場合もあるのです。防げるトラブルは未然に防ぐ!ことが大切です。

あなたにあったライフスペースを

今回は一緒に暮らそうをテーマにまとめてきました。いろいろな生活パターンも増えてきているのが現状です。ですが一番大切なことは、あなたに合った生活を送ることです。シェアしながら切磋琢磨することも、一人の生活を満喫することも、どれが一番とは言えません。すべてあなた次第です。あなたが笑顔で過ごせるライフスペースが一番大切です。もしお住まいでの疑問や不安などがある時は、住まいのスペシャリストに相談することもひとつの方法です。住宅に関するお困りごとなどがありましたら、ぜひお気軽にアジア住販へご相談ください。

アジア住販へのリンク

https://asiajyuhan.co.jp/